お気に入りの絵本たち

こんばんは、ここねです( *´꒳`*)ノ

先日、3ヶ月ぶりに児童館に行ってきました。
ぴよぴよくんも私も体調不良の時があり、行くタイミングがなく、久しぶりになってしまいました(^^;

平日イベントがない時だったので、密にならず楽しく過ごせました!

3ヶ月前は同じ月齢の男の子とおもちゃの取り合いになり、キーキー騒いでいましたが(笑)
今回は一つ下の男の子赤ちゃんに、ボールを「どうぞ」して渡していました。
子どもの成長を感じる瞬間でした。
保育園で社会性が育っているのもあるかな!?

最近のぴよぴよくん

お気に入り絵本ベスト3
勝手に紹介コーナー(笑)

3位
「どうぶつえほん」


対象年齢は2歳以上ですが、0歳・1歳でも楽しめる絵本かなと思います。

タッチペン付き(今どきの絵本はスゴい!)
動物の鳴き声が鳴るのが楽しいみたいで、よく笑っている(*´ω`*)
まだぴよぴよくんは自分では上手にタッチ出来ないので、「音を鳴らして〜」と催促されます(笑)

2位
「かみさまからのおくりもの」

切り絵を使ったイラストがとても可愛い絵本です。
文字も少なくてストーリーもわかりやすい!

神様が一人ひとりの赤ちゃんに贈り物を下さるというお話。
お母さんはついつい、他の子供と自分の子供を比べてしまうことってありませんか?私は正直ありました…。
ぴよぴよくんは赤ちゃんの頃からよく泣くタイプで、成長もゆっくりマイペース。最近ようやく歩き始めたところ。
でも一人ひとり違う個性も神様がくださった贈り物。そして、子供一人ひとりの存在自体が、神様がくださった貴重な贈り物だなと気付くことができる絵本です。
もう大人の私も、そのように貴重な存在の一人ですね。

堂々の第1位は…


じゃじゃん!!

教会に通っている絵本作家さんが作ってくださった絵本です!
ぴよぴよくん、朝起きたらまずこれを引っ張り出してきて

「読んで読んで!」

家に帰ってからもこの本を引っ張り出して


「読んで〜」

と言われることが多いです。

(ぴよぴよくんはまだお話出来ないですが、めっちゃ訴えてくるのです。笑)

神様が愛しているよ、いつもそばにいるよとおっしゃってくださるお話、お祈りについて、牧師先生がアザレアの花を愛して育ててくださったように一人ひとりを愛してくださっているよというお話の絵本などなど…。

ぴよぴよくん、泣いていても絵本を読むとぴたりと泣き止んで、集中して聞いています。

これからも素敵な絵本を作ってくださろうとしてくださっているようで、本当に感謝します!
作家さんが素敵な作品を描けるように、お祈りしています…!(。•ㅅ•。)♡

©2021 主の栄光教会ファミリーブログ