基 motoi

はじめまして。

主の栄光教会に通う新米ママ、motoiです。

と言っても、妊娠期間中~出産~現在(息子は生後3か月)に至るまで、

ずっとこのコロナ禍にあって、一年近く教会には足を運べていません。

毎週の礼拝はオンライン礼拝に参加して捧げています。

今日は初回なので、私のブログネーム”motoi”の由来について書くことにしました。

聖書の中には「基(もとい)」という言葉がたくさん出てきます。

私はこの単語が大好きで、

聖書で出てくるたびに胸が激熱になるという不思議な単語です。

どれほど好きかと言うと、

「歴史の礎となる人になれるように」

「愛の揺るがない人になるように」

という祈りを込めて、

自分の子供に「基(もとい)」と名付けようと考えていたくらいでした(=゚ω゚)

(夫婦で祈って、結局は別の名前になりましたが)

静かに、じっくりと、しかし、どんな状況の中でも変わらずに、自分に与えられた役割を果たしている…そんな感じが大好きです。

聖書の中に「基」という単語が出てくる箇所を幾つかご紹介します。

「また、信仰によって、キリストがあなたがたの心のうちに住み、あなたがたが愛に根ざし愛を基として生活することにより、 すべての聖徒と共に、その広さ、長さ、高さ、深さを理解することができ、また人知をはるかに越えたキリストの愛を知って、神に満ちているもののすべてをもって、あなたがたが満たされるように、と祈る。」エペソ人への手紙 3:17-19

「また、キリストを基として、全身はすべての節々の助けにより、しっかりと組み合わされ結び合わされ、それぞれの部分は分に応じて働き、からだを成長させ、愛のうちに育てられていくのである」エペソ人への手紙 4:16

そして、もう一つ。

「それゆえ、主なる神はこう言われる、「見よ、わたしはシオンに一つの石をすえて基とした。これは試みを経た石、堅くすえた尊い隅の石である。『信ずる者はあわてることはない』。」イザヤ書 28:16

基とはキリストそのものを指す言葉でもあります。

(だからこの言葉が大好きだったのかもしれません!)

このblogの記事一つ一つも、神様の愛の歴史、キリストの愛の基となることを願って…

捧げていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします(´-`*)❤

©2021 主の栄光教会ファミリーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + twenty =