オンラインコンサートに参加してみたよ。

こんにちは!motoiです。☺

先日、ネット上で見つけた、若手音楽家のオンラインコンサートに参加してみました🎶

と言っても、聴く側です(^^;)

ここ2年ほど、コロナや、妊娠・出産・育児と、外に出て芸術に触れる機会がなかなか無かったので、わくわくしながらはらぺこ君👶とPCの前に座りました。

結果!とっても、満足度が高かったです!!✨

高校生から音大生、芸大生、社会人まで、

地域も専攻も異なる奏者たちが集まって、

それぞれの演奏を参加者が視聴しました。

面白かったのが、zoomのチャット機能を使って、

参加者がリアルタイムで演奏の感想をチャットに打ち込んでいくところ。

「一緒に分かち合う臨場感」というか、「参加型」というか。

これはオフラインの演奏会ではなかなかできないことですね☺

また、演奏前に演奏者自身が、選曲の理由や経緯、見どころ(聴きどころ?)を直接解説してくれるところ

一人一人に大切にしていることや個性があって、ただ曲を聴くよりもぐっと身近に、興味深く聴くことができました。

曲目はクラッシックの名曲が多めでしたが、中にはディズニーやオリジナル曲もありました。

音大の作曲専攻に在籍する学生さんが、『夜の星空』にインスピレーションを受けた曲を即興でピアノ演奏🎹してくれたりと、素敵すぎる&豪華すぎる2時間でした。

音響の整ったホールで聴く演奏ももちろん最高ですが、

こういった形の双方向のコンサートも、とても楽しく、新しさを感じました。

(負担なく家で👶と一緒に参加できるしね)

仕事でZoomウェビナーの講演会に参加したことはありますが、

ウェビナーは自分以外の参加者の人数も顔も反応も分からないので、なんだか少し寂しく感じてしまいました(笑)

(もちろん、目的が違うのですが)

受け止めてくれる存在がいるから笑顔になる、

「相手」が「自分」を笑顔にするんだとも言いますが、

聴いてくれる存在がいるから、もっと演奏したくなるし、

目の前に「姿」として誰かがいなくとも、

皆、心の中で「誰か」を迎えて演奏しているのではないでしょうか

教会でも、コロナ期間中はオンラインで芸術祭をしていますが、

賛美やダンス、楽器演奏や写真、証や近況報告などなど…

一人一人の姿を通して、神様との愛の経緯が見えます。

今日も心の中で「神様」を迎えて

歌い、演奏し、対話する、

そのような世界に思いを馳せながら、、、

Good-bye (@^^)/~~~

©2021 主の栄光教会ファミリーブログ