クロワッサン。

子供の病院のため、カリテコを利用した🚙

車の返却を終えて帰宅途中のだんさんから、

「お昼ご飯作らないでいいよー」

と電話。

「え、もう作っちゃったよ」

と私。

「夜にまわせる?」

「まわせるよ」

「美味しそうだよー。なんでしょうかー」

(なか卯かしら…?)

と思いながら待っていると、

はい!と手渡されたのはクロワッサン🥐

しかもまだ温かい!☺

コロナ禍でもいつも行列ができてるパン屋さん。

行ったことはなかったけど、

帰り道にふとのぞいて見たら、

タイミング良く他のお客さんもおらず、パッと買ってきたそうです。

だんさんが「クロワッサン好き!」というのもありますが、

子供が小さいと、

オシャレなカフェ☕や人が集まるところは

なかなか行きづらいので、

(それでなくても今はコロナ(^◇^;))

気分転換にと買ってきてくれたようです。

ちょっとした思いやりに嬉しくなります。

思いやりや関心、

たった一言の声かけが、

心を軽くしてくれたり、力をくれたり、

人を通して働かれる神様の愛を感じたりします。

教会で家庭を持っている人たち、

思いやりと愛が凄い。

相手に負担がない距離感で、

まるで母のように姉のように妹のように接してくれる。

産後まもなく、疲労で首と背中をやられて文字通り身動きできなくなったとき、

近くに住む乳幼児を抱えた教会ママが、

「赤ちゃん預かってるから病院行ってきて」と、旦那様がお休みの家族団欒の時間を、私とはらぺこくん(赤ちゃん)のために使ってくれた。

診断の結果、脱水症状も起こしていて、点滴を打つことになった。

「すみません、帰宅時間が予定より2時間くらい遅くなります(;o;)」と連絡したら、

「いいよいいよ。はらぺこくん、凄く良い子で寝ているよー」と、ご夫婦それぞれからはらぺこくんの写真や動画が送られてきた。

私が点滴を打っている間、はらぺこくんと自分の息子さんをそれぞれベビーカーに乗せて、ご夫婦で散歩にまで行ってくれた( ;  ; )

点滴後にいそいで迎えに行くと、

嫌な顔一つせず、

「なんだか、みんなで育ててるって感じでいいねぇって話してた💖」と2人ともニコニコ。(*^▽^*)

うう…愛…( ;∀;)

神様は様々な形で私たちを愛してくれるけれども、その一つが、人を通して働かれること

私もそのような深い愛をもった人になりたい…

神様が自分を使ってくださるような人になりたい、と心の底から思ったのでした。

そして、まずは一番近くにいる家族の中から、

そのような愛を実践していかねばな、

と思ったmotoiでした。

(近くにいる分、やきもきしたり、もがくことも多いですが!それはまた今度!(笑))

チーズクロワッサンには、ハムも入っていました💖
©2021 主の栄光教会ファミリーブログ